立川 社労士
090-8483-9508 (9:00~22:00 土日祝可)
042-452-6477

民泊 立川市

民泊につき、お気軽にご相談、お問い合わせ下さい。

民泊 立川市

民泊について、下記3種類の手続きが考えられています。(2016年6月現在)

■特区(国家戦略特区制度)(東京都大田区および大阪府)
■旅館業法(簡易宿所営業)
■新法(2017年法制化予定)

特区については、自治体の認定を得て営業するもので、2016年6月現在、東京都大田区と大阪府のみ、特区民泊が認められています。なお、営業日数の制限はありませんが、利用者は6連泊以上が条件となっています。

旅館業法における簡易宿所営業については、自治体の許可を得て営業するもので、営業日数の制限はありませんが、住宅地での営業は不可となっています。

新法については、2017年の通常国会で法制化が目指されているものです。住宅地でも営業可能ですが(ただし、自治体が条例で独自の規制を設けることも可)、営業日数については年間30~180日の上限が設けられる予定です。なお、手続きについては、自治体への届出制を予定しており、ネットでの届出も可となる見込みです。

090-8483-9508 / 042-452-6477

9:00~22:00  土日祝可

メールはこちらまでお願いします。
Mail.pngsr@shi-bu.sakura.ne.jp

澁谷社会保険労務士事務所立川市 社労士業務

■労働保険 社会保険手続き各種
■雇用契約書作成
■就業規則作成 見直し
■労務管理
■障害年金受給申請手続き
■離婚に伴う年金分割
■介護保険事業者指定手続き
■労働者派遣事業許可申請
■個別労働関係紛争
■年金相談


澁谷行政書士事務所立川市 行政書士業務

■遺言書作成
■相続手続き
■成年後見 任意後見
■見守り契約 財産管理等委任契約
■離婚協議書作成
■各種営業許可 届出申請
■各種契約書作成
■外国人各種手続き
■パスポート認証

建設業
産業廃棄物収集運搬
古物商
美容室 美容院
整骨院 整体院
飲食店
社交飲食店(クラブ スナックなど)
深夜酒類提供飲食店(バーなど)
特定遊興飲食店
民泊


立川市 風景